その参

3月上旬〜中旬

 

2ヶ月もさぼってました・・・(^_^; アハハ…
飲み会だの、オフだの、雪山だの・・・遊びまくり

で!!
やぁ〜〜〜っと、3月から、窯造りを再開しました
(笑)
仕事の休みがうまく活用できないので、照明を付けての夜間作業をすることに。
どうしても休みってなると、前日が飲み会だったり、当日に遊ぶ予定があったりで・・
しかも、たまの暇な休みには・・・
・・・(´ヘ`;)ハァ
日頃の行いの悪さが・・
(ーー;)

昼休みを利用して、ドラム缶の加工ができた♪

炭材の搬入口になるドラム缶側面は、切断カッターで。
下書き(?)してたにもかかわらず、やや斜めに切れてしまった・・
焚き口になる場所は、カッターで切り目を入れてガスであぶって加工。
でも、あぶり方が悪かったのか変形してしまった・・・
そして、煙突の取り付けで
問題発生!!( ̄□ ̄;)!
穴をあけてLの煙突を差し込んで廻りを溶接してOK♪
・・・って思ってたんだけど・・
ドラム缶は鉄で、煙突はステンレス・・
コレを溶接で付けるのは、職場にある溶接機では無理らしい・・・
(~ヘ~;)ウーン
「どうせ土に埋まるんだから、いいや・・(-。-) ボソッ・・・ってことで、
ドリル&カッター&グラインダーを使って、出来るだけピッタリの大きさに加工!!
これは、結構うまくいって大満足♪
ヾ(@⌒▽⌒@)ノ

加工も出来たし次は、窯設置場所の整地。
一番厄介で自信のない工程・・・・は!
父上が・・
「見てて腹立つ!(`´メ)っと言ってやってくれました♪(笑)
ラッキぃ〜〜♪
わぁいヽ(∇⌒ヽ)(ノ⌒∇)ノわぁい♪

 

ベースになるドラム缶を、ブロックで囲んでその間に土を入れる。
一応、寸法はだしてあったんだけど念のため仮組みで確認した。
この時、焚き口の加工失敗で変形した部分と、
1斗缶との隙間を耐熱パテで埋めることにした。
チューブに入ってて、
使いやすそうだったし、
1100度まで耐えれるらしいのでコレ!
明日の夕方には乾いてるかなぁ・・
って思ってたら翌日は雨・・・
( ̄□ ̄;)!!
雨が降るなんて思ってないから、
シートも何も防水対策なんてしてねぇ〜〜!!!
仕事が終わって見に行ってみると・・・
大半は乾く前に、雨で洗い流されてた。
(ノ_<。)ビェェン
で、そのまま近所のホームセンターに行って買い直し。
同じのはなんか悔しいから、
ワックスの缶みたいなのに入ったやつを購入♪
車のマフラーの穴埋めなんかに使うものらしい。
耐熱温度は、
700度
窯の温度が、
900度くらいになるとかなんとか言ってたけど・・
まぁ、いいや。
(-。-) ボソッ

 

天気予報はちゃんとチェックしてないと、ダメだねぇ・・┐('〜`;)┌

コレその参)をUPする前に、その四も作っちまうので連続UPっぽい!!
なんとなく・・
で終わるのさみしいから・・分けます。(笑)